スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷蔵庫のうえの人生を読んで

冷蔵庫の上の人生

この本は離婚した女医の母親と15歳になるひとり娘との冷蔵庫に残されたメモのやり取りです。忙しい母親はなかなか娘と一緒に過すことが出来ず、娘もその状況を理解しながらもちょっとすねてみたりと、どこの家庭でもありそうなはなしです。ああ、うちでもこんなことあったな、とかそれは困ったね、とか思いながら読み進んでいるうちに母親が癌に倒れます。
今までの人生で遣り残した事の多さ、病気、死に対する恐怖、そして何よりつらいのはひとり残していく娘のことでしょう。私にも娘がいます。人事とは思えません。
慰められるのはこの娘の心の成長です。死なないで!もっと一緒にいて!と心の叫びが聞こえと来るようですが、その一方でしっかり別れを受け止めようとしています。
自分に置き換えてみても母親は娘が悲しんだり苦しんだりする姿は見たくないものです。すぐに立ち直ってしっかり生きていって欲しいのです。娘の優しく強くなっていく姿にどんなに慰められたことかと思います。

素晴らしいお母さんだったね、そして良いお嬢さんを持ててよかったね、とメッセージを送りたい。心に染みる一冊でした。

急にいとおしく思える娘と私の写真です。初めての母子二人の旅行でした。
デジカメ映像 154
プロフィール

早瀬久美

Author:早瀬久美
元祖青春ドラマ清純派マドンナ!「俺は男だ!」といえば森田健作氏が叫び続けた「吉川君!」。当時の面影もそのままに、あの頃の吉川操の知的で熱いウーマンパワーは健在。エレガントさにますます磨きをかけ、待望の復帰を遂げる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
最新記事
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。