スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有難う・・マレーシア、そしてボルネオ山と海とジャングルと!

マレーシアまで行ったら、ついでに寄りたいのは、ほら、ボルネオのコタキナバル。
なにしろ、たった二時間半の空の旅ですもの。

ここはマレーシアなんだけど文化は相当違うらしい。
自治区みたいな感じかな。
緑に包まれた大自然と、人の穏やかさは天下逸品。
出迎えてくれたボルネオのお兄さん達は親切だし・・なにしろ、案内人がボルネオ首狩族酋長の末裔だからね。
IMG_2227_convert_20101001192820.jpg
早速繰出したのは地元の人が行くレストラン。オープンエアーというか屋台と言うか・・土地の人が良く来る店でとにかく安くておいしいのです。五目そば180円って感覚ね!
P9141751_convert_20101004084839.jpgP9141753_convert_20101004084955.jpg

腹ごしらえの後はショッピング。
といっても普通のものでは面白くないのでナマコ石鹸の工場まで行っちゃった。ナマコの成分って肌がつるつるになるらしい。材料はもちろんあのナマコ!石鹸で使うか、それとも食べてお腹の中から使うか、それは思案のしどころ。せっかくだから両方買っちゃいましたimage.jpg

これみんなこの博士が作ったの(私の左隣の男性)ボルネオの草木から出来た毛染めがあったりボインになるクリームがあったり精力剤があったり、なんだか面白くなってついついこちらも買い込んでしまうP9141770_convert_20101004091357.jpgP9141764_convert_20101004091236.jpg

買い物も一息・・海岸に面したデッキは夕日が落ちていくのがぜーんぶ見えてロマンチック!P9141793_convert_20101004091530.jpgIMG_2235_convert_20101004085142.jpg


さて、夜もどっぷり・・ボルネオ民族ダンスディナーショーの始まりだよP9141822_convert_20101004091906.jpg
ドンの先祖の首刈り族のダンサー達もP9141828_convert_20101004085401_20101004091801.jpg
それにしてもボルネオにはどこかで見た顔が多い・・あ!遷都くんだ!IMG_2219_convert_20101001124448.jpg58b0451dbd6a89fe.jpg
ホテルは海に面して、裏はゴルフ場に面して近代的。
うん、確かにいいところ!

でもね、ひとつ苦手だったのはトイレ。イスラムの人は用を足した後、シャワーで左手を使って洗うらしい。
だから便器は和式に似ていて横にシャワーがついてるの。
洋風トイレを探すのは外出先ではなかなか困難でした。

マレーシア領のコタキナバルはサバ州の首都で、私の友達のご主人は、ここサバ州の首狩り族の末裔。すごいよ~視力が、私たちの見えないものも見えちゃう!
コタキナバルは東南アジア最高峰のキナバル山に一番近いって意味。
目の前にでーんと険しい姿があるんだもの、行かぬわけにはいかんだろうと我々も出発
300px-MtKinabalu_view_from_kundasan.jpg
富士山と同じで五合目までは車でいけるというので安心。
軽く軽装で出かけて、やっぱり上に上がるにつれて寒くなってきました。慌ててジョギングパンツをはいて、はい、記念撮影P9151844_convert_20101004113125.jpg
山には熱帯の変わった植物やらあるそうだけどもちろん私達はこの登山口まで。
天気も急変、どんどん霧が出てきて視野をさえぎって行きます。やっぱり山の天気は変わりやすい。
P9151854_convert_20101004113352.jpg



山のあとはジャングルツアーも行かねばねと欲張って昼はサル、夜はホタルと二本立てを見に行きました。
ホテルから約二時間(こちらの人は車をめちゃくちゃ飛ばす)やっと着いたのはジャングルの中のマングローブに間を流れる大きな川でした。水はドロ色。でも流れはほとんど感じないほど穏やかです。それでもライフジャケットをつけてP9162133_convert_20101004120239.jpg
何しろイグアナやクロコダイルが・・P9162183_convert_20101006122249_20101006124227.jpg
P9162181_convert_20101004114950.jpg
鏡のような湖面P9162170_convert_20101004114904.jpg
うっそうたる木々の間から見え隠れするのは大きなサル、あ、これは私P9162131_convert_20101004114758.jpg
本物はこちらですP9162151_convert_20101022090032_20101022090501.jpg



一度船着場に上陸して食事をしながら夜を待つ私。なにしろホタルは夜しか見えないのでP9162120_convert_20101004115150.jpg
そして大きな木に無数のの光が灯りますP9162169_convert_20101006122805.jpg
ん~やっぱり写真では良くわからないけど、巨大な木全体がクリスマスツリーのように光ってます。あっちもこっちも!六本木ヒルズのLEDよりは微かな光だけどこれが大自然の中だと思うと感動。





ジャングルもいいけどホテルの眼の前は美しい海が広がっています。
私の趣味は魚の餌付けだからもううずうずムラムラ。早速朝食のパンを懐に隠し持って海岸線へ。
いるいる、色とりどりの熱帯魚がいっぱいです!
P9162064_convert_20101004114336.jpgP9162076_convert_20101004114554.jpg
パンを投げると物凄い勢いで群がってきます。音がするくらい!P9162055_convert_20101004114640.jpg

こんなに熱帯魚がいるとなると沖合いの島に渡れば・・いよいよ飽き足らなくなっていざボートで遠征!
もちろん手にするのは餌用のパンの袋。
P9151871_convert_20101006122437.jpg
むむ!波があらいぞ!P9151878_convert_20101004113627.jpg

到着!超浅瀬で早速シュノーケルを楽しむ私。何しろ危険が嫌いなもんで・・それにしても海水が暖かいのでお風呂みたい。
P9151883_convert_20101004113757.jpgP9151886_convert_20101004113854_20101004125616.jpg

またしても雨雲が広がってきてスコールIMG_2252_convert_20101004115049_20101004123557.jpg
ホテルに帰ってきて外を見るとすっかり雨はあがり大きな虹が・・
P9152043_convert_20101004114433.jpg







プロフィール

早瀬久美

Author:早瀬久美
元祖青春ドラマ清純派マドンナ!「俺は男だ!」といえば森田健作氏が叫び続けた「吉川君!」。当時の面影もそのままに、あの頃の吉川操の知的で熱いウーマンパワーは健在。エレガントさにますます磨きをかけ、待望の復帰を遂げる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
最新記事
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。