スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞少年も61歳!

あの頃・・昭和40年代・・そう、日本がまだ貧しかったけど、将来に向けて夢と希望にもえていた時代です。
山田太郎さんが歌う「新聞少年」と言う歌が大ヒットしたのを覚えてる?
時代を背景にしてたんだね、学校に行く前にひとっ走り新聞を配って家計を助ける・・明るく勤勉な若者がそのころは世の中に大勢いたのです。

世の中右肩上がりの成長率だから仕事はいっぱいある。そう、集団就職で中学卒業と同時に東京に出てきた金の卵って呼ばれる勤労青年も沢山いた。
長い歳月が流れて日本は豊かになったけど、これからはどうなるのかしら。まさかまさか右肩下がり・・?ああ怖い怖い。

さて、その山田太郎さん。実は有名芸能プロダクションの二代目でした。
今人気の天才演歌歌手さくらまやちゃん(11歳)の所属でも知られる新栄プロ!

まあ、実際には新聞少年とは大違いの経済的にも恵まれたお坊ちゃまだったんですう。
とにかく20歳にして馬主になったのだからすごい!
そして今では競馬界の重鎮に・・


中山競馬の会長室で099_convert_20090420014414.jpg
相変わらず若々しくて素敵です。

その太郎会長のお誕生会が都内某所でありました。
なんと61歳ですって。
久美ちゃんと初めて会ったのは30年前だっけ。。なんて話しも盛り上がり、うっかりイエイエ40年前ですよ!なんて答えてはっとして周りを見回す連続でした。
会長の息子さんと奥様
とっても愛妻家で素晴らしい家庭人です09-08-24_004.jpg
さすがに素晴らしい歌唱力。歌うは北島サブちゃん09-08-24_009.jpg
懐かしの新川二郎さんも駆けつけて09-08-24_008.jpg

これ、私達が送ったお花。なんか変でしょ?だって心を籠めて自筆にしたんだもん!


09-08-24_010.jpg



プロフィール

早瀬久美

Author:早瀬久美
元祖青春ドラマ清純派マドンナ!「俺は男だ!」といえば森田健作氏が叫び続けた「吉川君!」。当時の面影もそのままに、あの頃の吉川操の知的で熱いウーマンパワーは健在。エレガントさにますます磨きをかけ、待望の復帰を遂げる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
最新記事
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。