スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア21

心を洗われるような素敵な番組に出してもらいました!
世の中のいろいろなボランティア活動を紹介するこの番組、もう放送回数は400回を超えるそうです。
司会はエル・セーラン化粧品の社長でボランティア活動に情熱と気概を持って取り組む石橋勝さん。
色んなゲストを迎えてどんな活動をするのかお話しとビデオでご紹介するの。
この日はアロマセラピーを老人ホームでやっている方とか過疎の村で使われなくなった古民家を改装して地域の集会の場にした方とか・・聞いてみなければ知らない話しが満載!ビックリ」でした。

アロマの香りはミカンだったりして、その匂いでトリートメント(マッサージ)してもらっているお年寄りが昔話を始めるの。
そう、昔はお茶の間のコタツの上にミカンが乗っているのが普通の光景だったよね。きっと昔の記憶が香りと共に蘇ってくるのよね。そうしてる間に今度は自分がやってもらう側からやってあげる側に回りたい、自分にもやり方を教えてって言い出す。
人のぬくもりが活力を引き出すのです。
古民家の再利用は古い家を手直しするところから始まるから大変。でも地元の工務店のボランティアや建築科の大学生の実技の場とすることで補ってます。土地のお年寄りの集まる場所の提供だけではないよ。古い町並みが戻ってきたら映画のロケ地になったり観光客がきたり、一石二鳥の町の復興になっているそうな。
一方的にやってあげる事ではない、返ってくるものがある・・そうおっしゃるゲストの面々に私もうなずくばかりです。

でもでも・・交通事故で脳外傷を負ってしまった息子さんのを抱えるお母様の話には・・・思わずぐっすん。
半年間も意識不明だった息子さんが奇跡的に目覚めたの。見た目も声も昔と同じ。
もちろんご家族のものすごく喜ばれた事は言うまでもありません。
でも・・どこか違う。ついさっきの記憶が途絶えたり、同じものを何度も何度も買ってきたり・・突然切れて怒り出したりするの。
当時はまだ脳外傷(17年前)に対しての知識も理解も乏しく世間に認知されてなかったそうです。やっと最近全国にそういう方が何万人も居る事がわかって、被害者同士の横のつながりも出来てきたそうですが・・
「こんなことが一人で出来ないで、お母さんが居なくなったらあなたどうするの!」
と、厳しくしかりつけるお母様。
終わりのない戦いだとおっしゃった言葉が胸に詰まりました。

IMG_0650_convert_20090706130310.jpg


私もボランティアと称して老人ホームに行ってコーヒー入れたり車椅子を押したりやった事があるけど・・あれはいったい・・


プロフィール

早瀬久美

Author:早瀬久美
元祖青春ドラマ清純派マドンナ!「俺は男だ!」といえば森田健作氏が叫び続けた「吉川君!」。当時の面影もそのままに、あの頃の吉川操の知的で熱いウーマンパワーは健在。エレガントさにますます磨きをかけ、待望の復帰を遂げる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
最新記事
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。